ヘ長調:簡単な方法、バレーコードの有無にかかわらず簡略化されたコード

ヘ長調:簡単な方法、バレーコードの有無にかかわらず簡略化されたコード
Comparte este artículo en

ギターのヘ長調は、すべての初心者ギタリストが直面する最初の大きな難しさです。ガイドでは、バレなしで簡単に演奏する方法と、後でバレをマスターできるように中級のコードを紹介します。

ヘ長調の難しさ

間違いなく、Fコードは、ギタリストが最初の数か月で遭遇する最大の課題の1つです。主な理由の1つは、コード自体の難しさではありません。ちなみに、それは存在します。私たちの意見の本当の理由は、最初に正しく手を訓練することなく、非常に直接的な方法で学習しようとすることです。これは、最初にステップ1と2をマスターせずに、学習プロセスのステップ3をマスターするふりをするようなものです。したがって、完全なバレーコードをマスターするための3つのステップを次に示します。

フルバレFコードをマスターする手順:

  1. ここではイージーFコードと呼ばれるオープンFコードを学びます。
  2. イージーコードとフルFコードの間の正確なポイントである中間Fコードをマスターします。
  3. フルバレでヘ長調を構築します。

手順1から始めるときは、Cコードを十分に理解していることをお勧めします。

コードの使いやすさに焦点を当てた、Fコードを学ぶための他の方法論があります。ただし、これらの方法の中には、フルバレFコードをバレでマスターするという究極の目標に焦点を当てていないものもあります。したがって、最初から私たちの方法論では、すべての指をコード全体の同じ位置に配置します。他の人は、学習中に指を動かしますが、これはお勧めしません。簡単そうに見えますが、彼らは完全なヘ長調のコードをマスターするのに大いに役立ちます。

ここでは、最初のステップは指2、3、4の位置をマスターすることに基づいています。2番目のステップは、完全なバレを作成できるように手と親指の位置をマスターすることです。最後に、3番目のステップでは、前の2つのステップを組み合わせて、完全なFコードをマスターします。

ギターでヘ長調のコードを演奏するさまざまな方法を学ぶ

多くの場合、Fコードをマスターしないと、ギターで素晴らしい曲を演奏できなくなります。実際、ギターで演奏するのに最も人気のある曲の多くは、ほとんどの場合Fコードを使用するCキーにあります。しかし、心配しないでください。Fコードを演奏する方法はいくつかあり、それらは簡単です。ここでは、バレなしでギターを使ってヘ長調を演奏する簡単な方法を説明します。さらに、後でギターでフルバレFコードをマスターするための完璧な中間ステップとなる中間コードも紹介します。何よりも、私たちがあなたに教えるFコードの3つのバージョンはギターで素晴らしい音を出します。

ギターのカポでFコードを開きます。

フルバレーFコードを完全にマスターするためのパス

この重要なコードの簡単なバージョンがあります。最初に表示されるFコードは、バレを必要としない、つまりオープンコードであり、優れたサウンドでもあります。したがって、Open Fコード、または必要に応じてギター用のEasyFコードと呼びます。すでにハ長調の和音をマスターしている場合は、単純なヘ長調のコードを演奏するために必要なギターと手の習得の多くをすでに持っています。最良の部分は、このコードが完全なFコードをマスターするための最初のステップになることです。したがって、間違ったことをしているとは思わないでください。それどころか、あなたは完全なバレでヘ長調を学ぶことに向けて一歩一歩進んでいます。

簡単なヘ長調のコードはギターで良い音がしますか?

確かにあなたが最初に考えることは、これが完全なFバーコードではないので、それほど良く聞こえないだろうということです。しかし、それがどれほど良い音であるかに驚くでしょう。それは、Open Fコードには、コードを構成する3つのノート、F、A、Cがあるためです。また、演奏する4つのノート位置もF全体の一部です。フルバレのコード。確かに、それは異なって聞こえますが、それは素晴らしい音になります。実際、和音を弾いているときは、おそらく違いに気付かないでしょう。  

オープンFコードは、フルバレーコードに比べて演奏しやすいですが、Fコードとは声も異なります。ソングライターが曲の中で異なるコードボイスを使用することは非常に一般的です。このコードは、フルFコードよりも焦点が合っているように聞こえます。これは、CおよびAマイナーコードと組み合わせるのに理想的です。

覚えておくことが重要ないくつかの以前の概念

記号「F」、またはFコードは、Fメジャーコードを書くための短縮された方法です。したがって、ヘ長調と呼ぶこともありますが、ヘ長調とだけ言うと、ヘ長調であると理解されます。 

ヘ長調は、メジャートライアドとも呼ばれる単純なメジャーコードです。ヘ長調コードは、音符F(度I)、音符A(度III)、音符C(度V)の3つの音符で構成されます。Eb(マイナー7度)またはE(メジャー7度)となるVII度を追加すると、7番目の和音(F7またはFmaj7)になりますが、これは別のレッスンになります。

ギターの簡単なFコード

オープンで簡単なFメジャーコードをギターにまとめるために、1弦と6弦は演奏しません。このようにして、次のグラフに示すように、弦2、3、4、および5のみを演奏します。

ギターのイージーオープンFコード。

簡単な方法でギターのヘ長調を演奏する方法は?

Easy Fコードは、2番目の弦の最初のフレットの人差し指から始まります。次に、3番目の弦の2番目のフレットに中指を使用します。あなたの指輪と小指はそれぞれ5番目と4番目の弦で3番目のフレットを演奏します。このバージョンのFメジャーコードでは、高音と低音のE弦を演奏しません。

これで、ギターでFコードを簡単に演奏する方法がわかりました。それでは、コードの変更に取り組みましょう。何も考えずにやさしく弾けない限り、コードを知っていても役に立ちません。したがって、これを実践するための優れた方法は次のとおりです。

  • Fで頻繁に使用されるコードを使用します。非常に一般的な動きを練習します。
  • Common ChordFingersメソッドまたはSimilarChordsを使用します。

ギターで簡単なFコードをマスターする手順:

  1. まず、標準のハ長調のオープンコードを演奏します。次に、簡単なFコードに到達するために、2つの動きを行うだけで済みます。中指を4番目の弦から3番目の弦に、常に2番目のフレットで動かします。次に、4番目の弦である3番目のフレットにピンキーを追加します。したがって、簡単に開くFコードはすでに組み立てられています。 
    注:Cを演奏するときも、Fに変更するときも、人差し指と薬指は常に同じ場所に置いてください。持ち上げないでください。これらは基準として機能し、コードを変更するたびに労力を軽減します。つまり、これらは私たちが一般的なコードフィンガーと呼んでいるものです。
  2. 2つのコードを数回切り替えます。最初は、動きを感じるために苦労することはありません。これはあなたの手の筋肉の記憶に役立ちます。次に、各弦を指で正しく押していることを確認するためにストラムします。
    注:テンポを維持するには、低速のメトロノームを使用します。無料のオンラインメトロノームをご利用いただけます 。停止したり減速したりせずに時間の変更ができるまで練習してください。オープンFコードとそのCコードへの変更をマスターし始めたら、メトロノームの速度を5 bpm少し上げて、速度を上げます。
  3. 次に、G、Aマイナー、Dマイナー、Eマイナーなどの他のコードと組み合わせて練習します。

これを1日数分間練習することで、簡単なFコードをすばやく習得できます。

オープンFコードを学ぶことの利点

オープンまたはイージーなFコードをマスターすると、ギターでたくさんの曲を演奏できます。さらに、指3、4、5を、バレのある完全なヘ長調のコードと同じ位置に配置する方法をすでに知っています。次に、「中間」Fコードと呼ばれるコードを続行することをお勧めします。イージーオープンFコードとフルバレFコードの中間点であるため、このように呼んでいます。このコードは、ギターのバレーコードを支配できるようにするための準備です。

部分的なヘ長調の中間ヘ長調コード

中間のFコードは、完全なバレーFコードをマスターする前のステップです。ここではイージーFコードと呼ばれるオープンFコードをすでにマスターしている場合は、中間コードに進むのは非常に簡単です。人差し指と親指の指の位置を少し変えるだけで、単純なヘ長調のコードから中間のコードに移ります。

中間のFコードは、人差し指で弦1と2に短いバレーコードを作成することで構成されます。つまり、手の位置を少し変えるだけで、部分的なヘ長調で中間のヘ長調をマスターできました。

中程度の難易度の部分的なカポのヘ長調。

中間のFコードを演奏しやすいことに加えて、オープンコードをマスターすると、手の位置が完全なFコードを演奏できるようになります。したがって、中間コードは、フルバレでFコードに移動できるように手と手首を向ける方法をすでに教えています。

中級ヘ長調をマスターする秘訣

ここで重要なのは、Fコードを作るときの親指の正しい配置です。通常、G、A、C、さらにはFなどのオープンコードを演奏するときは、親指をギターの首の上に置き、手のひらを首の後ろに置きます。一方、中間のヘ長調では、親指で支え、首の後ろの中央を弦の方向に垂直に押すようにする必要があります。

以下に、中間コードが手の位置を改善する方法のシーケンスを示します。最初の画像は、ほとんどのギタリストがオープンコードで手をどのように調整するかを示しています。技術的には間違った位置だと言われていますが、ジミ・ヘンドリックスの天才は  この手の位置を使用しました。2番目の画像は、3番目で最後の画像であるヘ長調のヘ長調を演奏するための正しい位置に到達する前の中間位置です。

コードを演奏するときに右手の手と親指を配置する3つの異なる方法。 1つ目は、ジミ・ヘンドリックスが使用する首の上の親指です。 3つ目は、親指を首の後ろに置き、弦の方向に垂直にすることです。 2つ目は、説明されている位置の中間の位置です。

Fの中間和音は、Cに低音のあるF和音にすぎません。つまり、和音の最低音はCです。この和音の書き方はF / Cです。

中間のFコードをマスターするには、イージーコードで説明したのと同じ演習を行います。メトロノームでコードが低速で変化します。

フルバレヘ長調の演奏方法

中間のFコードをマスターしたら、フルバーコードに移動するのはもう1つの小さなステップです。人差し指をフレット1の全長に沿って伸ばすだけで、弦1、2、6がフルバーで良好に聞こえることを確認できます。

ギターのフルバレーFコード。

手はしっかりしているがリラックスしていることが重要です。手が緊張してはいけません。手を緊張させると、過度の張力のために指が強く押しすぎて弦がデチューンしたり、隣接する弦に指が触れて正しく鳴らなくなったりします。また、緊張しすぎると手が早く疲れ、長期的には傷つくことさえあります。弦が良い音を出すために必要な最小圧力点を常に探す必要があります。

補完的な運動:必要だと感じたら、バレを一人で練習することができます。これを行うには、人差し指でバレを組み立て、首の後ろを親指で押す必要があります。これは、中間のFコードのセクションで説明します。すべての弦を正しく鳴らし、さまざまなフレットを移動する必要があります。これは、バレを構築するために手首と親指を正しく配置するように手を教育しながら、人差し指を強化するのに役立ちます。

ギターでヘ長調を学ぶ過程での難しさ

さまざまなヘ長調の和音を学習する最も一般的な問題は次のとおりです。

1)一部の弦、通常は2番目または1番目の弦がブーンという音を立て、正しく鳴りません。これは、バレが十分に練習され、すべての弦を均等に押すことができるまでは正常です。

2)バレを追加すると、大指、指輪、小指が動くため、弦を適切に押さなかったり、指の1本が弦を上下にこすったりして、音が正しく鳴らない場合があります。

これらは、学習プロセスにおける一般的で通常の間違いであることに注意してください。重要なことは、実際には一貫していることです。ステップバイステップで進み、前のステップをマスターしたら次へ進みます。練習と忍耐力、特に人差し指と親指で指を強化します。

ギターフルバレFコードの構造の重要性

フルバレFコード構造は、ギターの非常に一般的な構造です。したがって、この場合はFのように、完全なバレーコードの形状は特定の音符に属していません。最初の「隠された」例はEメジャーコードです。注意深く見ると、同じであることがわかります。 Fコードとしての構造で、1つのフレットを下に動かすと、バレはFコードとしてのナットによって作られます。

完全なバレーFコード構造とオープンEコードとの類似点。

このように、このコード構造をギターのフレットボードに沿って動かすことで、さまざまな音の主要なコードを演奏することができます。したがって、フレットIIIでバレを休ませてコードを演奏すると、ト長調を演奏することになります。バレをVフレットに配置することで、Aメジャーコードを作成します。

フレットボード全体でコードを演奏するCAGEDシステムにも興味があるかもしれません。


Comparte este artículo en

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です